2017年 03月 06日
和声学:サポートデスク 2 和声学用語
f0026484_13301236.jpg


和声学用語


         コンテンツ:

                 理論編:

                     (1) 理論の骨格
                         基本的前提
                         検証分析
                         概念認識
                         実践


                     (2) 命題
                         新しい概念枠組


                 記号編:

                        音程・和音表記法




[PR]
# by musical-terms | 2017-03-06 14:42 | 和声学用語 | Comments(0)
2017年 03月 06日
理論編 / 和声学用語 / 和声学:サポートデスク 2

和声学用語


理論編

   (1) 理論の骨格

           和声の変遷     * 

               教会旋法
               教会旋法と和声法

           教会旋法の推移     * 

               教会8旋法
               教会12旋法
               教会6旋法
               教会2旋法 
               長・短音階
               旋法の多様化     * 
               ロクリア旋法

               グラレアーヌス
               旋法性

f0026484_6263738.jpg


   旋法和声

       中世・ルネッサンスの和声

         音程の和声     * 

             平行法     * 
             オルガヌム       
             平行オルガヌム      
             パラレル     * 
             メリスマ作法
             リズム・モード
             ジメル     * 

             音程作法
             段落・終止法     * 

             導音和音
             導音カデンツ
             2 重導音和音
             2 重導音カデンツ    

         音程と3和音の和声     * 
    
             フォーブルドン     * 
             ポリフォニーとホモフォニー作法の対比     * 
             低音5度下行の導音カデンツ
             掛留と経過音

         3和音の和声     * 

             摸倣
             ホモフォニー     * 
             終止における完全3和音
             半音階法     * 


f0026484_628345.jpg


  <バロック>
     
     バロック前期の和声

       モンテヴェルディの和声

         教会6旋法     * 

         旋法転移( Transposition )     * 

             転移記号

         原和音と変化和音     * 

             原和音
             変化和音

         導音カデンツとその転移     * 

             導音
             導音化
             導音カデンツ
             導音カデンツの転移
               カデンツ番号

         段落・終止法     * 

             段落・終止和声
             和声的傾向

         変ロ音化 (B♭)     * 
             カントゥス・モッリス
             カントゥス・ドゥルス

         和音性質変化     * 
 
             長3和音化
             短3和音化
             減3和音化

         根音進行( Root-progress )     * 
             5度下行
             4度下行
             3度下行
             2度下行

             3度上行
             2度上行

         教会調による音程と和音連結     * 

             和声の様相
             和音配置
             和音形態
             構成音の重複
             構成音の省略
             声部進行( Outline )

               反進行
               斜進行
               並進行     * 
                並進行6の和音
                並進行6度
                強拍並進行5度
                低音外並進行(連続)5度
                外声間外並進行(連続)8度

                 2声体音程連結     * 

                 3声体和音連結
                 4声体和音連結
                 5声体和音連結

             声部修飾     * 

                 経過音
                 補助音
                 先取音
                 掛留音
                 転過音
                   非和声音の重複

             同型反復     * 
             摸倣

             同度模倣・8度転移模倣
                 2度転移模倣
                 3度
                 4度
                 5度
                 模倣の多様化

             低音定型

                 パッサカリア・ベース

         半音階法

             和音性質変化による
             和音種類変化による

         段落・終止の拡大

           拡大正格終止
           拡大変格終止

         教会調変換

           変換点の和音進行


     
   調和声

     バロック後期の和声


       バッハの和声

         旋法の2極化     * 
             教会6旋法の集約

         導音和音の7の和音化
     
             属7導音カデンツ
             減7導音カデンツ

         経過導音カデンツ     * 

             属7の和音_第7音進行
             属7の和音_第7音進行短2度下行

         導音現象
         導音処理の自由化     * 

             1) 長3度下行
             2) 短2度上行
             3) 完全・減4度上行
             4) 長2度下行
             5) 長2度上行
             6) 増1度下行

         段落・終止における導音処理
         経過的導音和音の導音処理
             導音進行
             導音重複     * 

         第2転回形を用いた導音カデンツ

         複導音カデンツ

         旋法和声の継承と変容

         音程と和音の連結     * 

             声部進行

                 反進行
                 並進行
                 斜進行
                 並進行(連続)5度

         2声体音程連結
         3声体音程連結
         4声体音程連結

         非和声音修飾
             和声の比較
             非和声音副拍第7音による修飾

         7の和音による同型反復
         半音階的低音定型
         転移模倣
         調変換と転調

             順次配列
             変換点
             転調的傾向
             段落和声の統合
             転移された導音カデンツによる段落和声の拡張
             ソナタ形式への引き継ぎ

f0026484_6292629.jpg


  <古典派>

     古典派の和声

       モーツァルトの和声

         導音和音の増6度和音化
         増6導音カデンツ
         フリギア終止
         旋律と和声の定型
         保続音     * 
         持続声     * 
         半音階法     * 
         対照的和声構成法
         転過音
         段落・終止和音の多様化
         転過和音

       ベートーヴェンの和声

         導音カデンツの連用     * 
         属7の和音_第7音進行
             属7の和音_第7音長2度上行
             属7の和音_第7音4度下行
         根音変化
         根音変化和音     * 
         変化和声
         変化導音カデンツ     * 
         第7音現象
         7の和音の連用     * 
     
         根音進行3度の和声     * 
         減8度音程の非和声音     * 
         転調     * 
             原和音を主和音とする調への転調
             変化和音を主和音とする調への転調


         ベートーヴェンの旋法作法     * 


f0026484_6304637.jpg
     

  <ロマン派>

   拡張的調和声

     ロマン派の和声

       シューマンの和声

           隣音
           隣音構成変化和音     * 
           下部付加3の和音     * 
               1stitch
               2 stitch
           7の和音の半音階的連用
           導音和音の9・11・13 の和音化
           主和音迂回作法     * 
           拡張的終止法     * 
           多導音カデンツ     * 

               導音カデンツ
               複導音カデンツ


     ブラームスの和声

         エンハ−モニック転換
         不確定導音カデンツ      * 

             解決和音の第2転回形化
             解決和音の7の和音化
             解決和音の回避
             保続音上の導音カデンツ

     ヴァーグナーの和声

         半音階法の拡張


f0026484_6315947.jpg


  <20世紀>

   混合和声 ( Mixed Harmony )

     印象派の和声 ( Impressionistic Harmonies )

       ドビュッシーの和声

         旋法の復活     * 
         教会7旋法
         教会7旋法とその転移
         2種の全音音階
         5音音階とその転移
         ハンガリー音階

         付加音和音     * 

             下部付加
             (下部付加3)
             上部付加

             3和音の付加音和音
             7の和音の付加音和音
             9の和音の付加音和音
             2重付加音和音     * 

         低音5度音程和音     * 

             3和音
             7の和音
             9の和音
             2重付加音和音の低音5度音程和音
             低音5度音程和音の連用和声

         4度音程と4度構成和音     * 

         2度音程とクラスター     * 

         和声変換     * 
         平行和声

         旋法作法
         合成音階作法
         全音音階作法
         5音音階作法

         教会調転調
         転調技法
         終止技法



 (2) 命題

         説明原理     * 
         基本的前提
         理論構成     * 
         概念枠組     * 

         ネットワーク構築     * 



             旧態の和声学     * 
             形骸化した和声学
    
f0026484_6383170.jpg


          和声創出     * 
          和声構造     * 
          和声現象     * 

              和声認識
              和声感覚 

          声技法と言語学的文法     * 

          和声の起源   * 
          和声の変遷   * 

              和声の概念
              和声の象徴化     * 
              和声の事実
              和声の性格     * 

          和声の構成原理     * 
 
          和声の定義概念     * 

              和声の技法と様式
        
          和声の形成基盤     * 
          和声の様式特性     * 

f0026484_642572.jpg


          和声理論     * 

              理論と論理     * 

                  和声理論書
                  和声理論史

              構成原理     * 

f0026484_642572.jpg


          和声法の変化発展     * 
          和声法の歴史     * 

               アクティヴな古典和声法     * 

f0026484_6475074.jpg


          理論構築の前提条件     * 

f0026484_6501035.jpg


          伝統的な終止法     * 
          伝統的な和声創出     * 
          伝統的な和声創出法     * 
          伝統的な和声法     * 

f0026484_6515074.jpg


          西洋和声     * 

              西洋和声音楽
              西洋和声概念
              西洋和声洋式     * 
              西洋和声論
              西洋和声理論

          西洋ハーモニー・マップ     * 

f0026484_653164.jpg

      
          芸術作品を介した象徴化     * 

              芸術作品の考察
              芸術作品の和声
              芸術作品の分析
              芸術作品の概念化

f0026484_65630100.jpg


          実証的研究     * 

               分析規準
               分析データ
               分析結果
               分析状況
               分析過程

          実証的精神     * 

f0026484_6582376.jpg


          事実の観察     * 
              事実の論述
              事実の全体像
              一般的事実

f0026484_7031100.jpg
 
    
          機能システム     * 
              ドイツ和声
              ドイツ和声様式
               19 世紀的機能理論の限界

f0026484_73863.jpg


          擬似和声     * 
              擬似和声概念
              擬似和声概念化
              擬似和声体験
              擬似的世界
              擬似科学

          長・短調偏重     * 

f0026484_744038.jpg


          歴史的・実践的存在     * 

              古典の伝統的なメッセージ     * 
              古典という意味     * 
              古典和声の根幹     * 

              古典派の和声     * 

                  古典派和声様式

          現代の古典和声学     * 

f0026484_765885.jpg


          旋法和声     * 

              旋法性
              旋法的可能性
              旋法的展開
              旋法的発想

          旋法の集約     * 
      
f0026484_784320.jpg

 
          和音解釈     * 

              根音省略形和音論

f0026484_7101870.jpg


          音組織     * 

          教会旋法     * 
          長・短旋法

          調概念
          教会調
          長・短調

          音程の和声     * 

          音程と3和音の和声     * 

          3和音の和声

          バロック前期の和声     * 

          バロック後期の和声     * 

f0026484_7114184.jpg


          概念と元の対象     * 

              概念規定
              概念的方向

              概念の性質
              概念の内包
              概念の外延

          概念の相対的特質     * 

              概念の適用

          概念の一般性     * 

              概念の形成
              概念の形成過程
          
              限定的概念
              唯一性の概念

          限定進行音という架空の概念     * 

          定義と区分の違い     * 
          定義の出発点     * 

f0026484_11453246.jpg
      

          一元論の限界     * 

              多元論
              超越論
              唯一論

                  唯一論的思弁

          観念的な和声学     * 

              観念論

                  観念的規則禁則     * 
                  個人的観念論     * 

f0026484_11453246.jpg


          規則主義の危機     * 
 
              妥当性のない規則禁則     * 
              スイートスポット     * 

              規則禁則を決定する際のリスク     * 
              禁則は近代理論の破局形態     *  

                  例外
                  例外視

              ルール主導     *           

          現実性と効用性     * 

              リアル・ハーモニー     * 

          試験難民     * 

f0026484_11453246.jpg


          事象・現象の認識     * 

              事象のシステム論     * 

          対象の概念     * 

              対象の特殊的性質
              対象の再生

f0026484_11453246.jpg


          常識の原理     * 

              共通感覚     * 

f0026484_11453246.jpg

    
          創出の経緯     * 

              和声創出の歴史     * 

              音楽の母型     * 

          全方位的なコード・マネジメント     * 

f0026484_11453246.jpg


          ピタゴラス理論      
          ギリシャ音楽の音組織

          平行唱法
          和声の根本原理
  
          音楽教本 /著者不詳
          音楽教本の注釈書     * 

          グレゴリオ聖歌とオルガヌム     * 

              Diapason
              Diapente
              Diatessaron
              Composite Symphony
  
          St.Augustine
      
          Boethius
          音楽教程

          H.Glarean
          12 弦論

          J.P.Rameau
          J.J.Rousseau

          Percy A. Scholes
          Peter Wagner
      
              基本的な形成基盤の違い
              基本的基準

          直接的なコンポーネント     * 

f0026484_11453246.jpg


          論述的言説
          論理的言説

              思惟動機
              説明的思惟
      
f0026484_11453246.jpg


          美的感覚
          美的体験
          美的体験の蓄積
          美学的擁護

              歴史的実在
              歴史的経緯
              歴史的事実
              歴史的証人     * 
              歴史は芸術を定義するための容器     * 

          実践的事実
          実践的存在     * 
          実践的実在
          実践的概念

              体験的実在
              体験的世界

          合理的経験
          音楽的経験

              歴史的な文化創造
              意味をもたない芸術

          明証性

              名曲との対話
              名曲の和声
              名曲の和声構造

          音楽行為の公的能力

              人間的志向
              人間的能動性

          ラ・メトリ「人間機械論」     * 

f0026484_11453246.jpg


          認識
          認識論
          認識基準
          認識根拠
          認識能力
          認識方法

              構造認識

          認識論を欠いた和声学
          
f0026484_11453246.jpg


          言語学的文法

              公式禁則
              公的な音楽教育

          専門性の存在形態

              客観的帰結

          知識の分配

f0026484_11453246.jpg


          声部進行の機能性

              自由な導音進行
                導音重複
              第7音進行の下行と上行」     * 
                第7音重複
              対斜
              構成音の重複

          並進行(連続)の機能性

              並進行(連続)1・5・8度

f0026484_11453246.jpg


          アプリケーション・ソフトのコントロール     * 

          文化的チャンネル
          社会的文化的実践
          自己調整可能なターミナル

          コミュニケーション・スペクトル     * 

              論理
              論理と理論
              論理の一般性

          感覚機能の本質
          構造的な大転換

 
f0026484_11453246.jpg


  [ 資料_西洋音楽/古典作品 ]:

     Historical Anthology of Music ( H A M )
     A Treasury of Early Music ( T E M )
     Geschichte der Musik in Beispielen ( G M B )
     Master pieces of Music before 1750





[PR]
# by musical-terms | 2017-03-06 14:39 |  理論編: | Comments(0)
2017年 03月 06日
記号編: / 和声学用語 / 和声学:サポートデスク 2

記号編

          音程・和音表記法     * 

              音程表記法 (アラビア数字と変化記号)

                  集積音程和音表記法     * 

              和音表記法
 
                  通奏低音法     *       
                  和音の種類
                  和音記号
                  コード・ネーム
                  ヨーロッパ方式の和音表記法     * 
                    (ローマ数字-大文字と小文字)
                  音度記号(ローマ数字-大文字)

              和音の読み方
   
              調名の読み方

                  教会調
                  長・短調



                 「大作曲家 11 人の和声法」 著者
                                   中 村 隆 一




[PR]
# by musical-terms | 2017-03-06 14:38 |  記号編: | Comments(0)